• 新艇
  • 中古艇
  • イベント・キャンペーン
  • ファイナンス
  • 常設展示場
  • アフターサービス
  • アクセス

ファイナンス

ボート選びや購入に必要な費用、保管場所選び、支払い方法~進水式など初めてのボート購入には不安がいっぱい!
そんな不安を解消し、スムーズにマイボートを手に入れるまでのポイントを項目毎にご案内致します。

ボートにかかる費用

ボートの購入には、本体の他にオプションや検査費用がかかります。

ボート購入時にかかる費用

・船体費用(エンジンや法定安全備品・取付け費用を含みます)
・法定検査登録費(代行料を含みます)
・オプション(航海計器など)
・船名のステッカー代

ボートの保管にかかる保管場所(マリーナ)費用

・マリーナ申込金(初回のみ、返金されません。)
・マリーナ保証金(預り金ともいい、利用解約時に全額返金されます。)
・マリーナ年間保管料(マリーナやボートの大きさ・種類で金額が異なります。)
・船台(陸上保管の場合)

ボート購入後にかかる維持費

・ボート総合保険料
・燃料代
・定期点検メンテナンス料などがあります。

お支払い方法

ボートのお支払い方法についてご案内致します。

現金支払いの場合

ご契約時に艇体関係の3分の1をご用意いただき、残金と消費税は納品日までにご用意いただきます。

クレジットご利用の場合

クレジットのお申込みをいただき、クレジット会社より事前審査がございます。審査終了後のご契約となります。
お支払い期間は最大120回(10年)までの分割払いが可能です。

リースご利用の場合(法人購入の場合のみ)

法人で購入される場合、リースを利用する方法があります。使用される法人の業種、従業員数、年商、資本金、経営内容により異なりますが、会社の厚生施設や業務用にご利用される場合、リース料を経費処理することができます。

法人購入のススメ

時代とともにボートライフはとても身近になりました。

マリンスポーツの普及に伴い、国民が海洋レジャーを楽しむ機会が増えてきました。 平成8年に制定された「海の日」に各地で行われるイベント、全国に展開された公共マリーナ整備計画からもさらなる海洋レジャーの普及が期待されます。
また、人々が日常の生活から離れ、自然を満喫することで絶大な「癒し」効果を生むことも周知の通りです。ボートによる自然との関わりは生きる力、働く力を与えてくれるばかりか、穏やかな心も与えてくれます。
さらに、海という大自然においてのコミュニケーションは、机上では得ることの出来ない貴重な体験となることでしょう。
このようにボートをはじめとする海洋レジャーはビジネスにおいて最強のコミュニケーションツールと言えます。ここでは、法人でのご利用方法や運用方法、法人購入のメリットを詳しくご紹介致します。

法人でのご利用案内

・社員の福利厚生として
・社員研修に
・ビジネスツールとして
・マリンライフを通じて広がる新しい人脈
・会社のイメージづくりに

法人購入のメリット

・ボートの購入費用は短時間で「経費(資産取得価額)」として計上できます。
・維持費用は、福利厚生費として計上できます。
・法人購入では、リースを利用する方法があります。

社内運用方法

運用時のポイント:利用規約の設定

●社員への乗船体験の実施
●乗船資格(ボート免許)取得機会の設定
●クラブ員の公募(クラブ形式の場合)
●運航記録の保存
●料金の徴収

ページの先頭へ

  • 逗子マリーナ
  • シーボニアマリーナ
  • リビエラマリンクラブ